企業や業務内容にマッチした賃貸オフィスの選び方

企業や業務内容にマッチした賃貸オフィスの選び方

レディ

パソコンを利用する業務の場合は…

社員一人ひとりがパソコンを利用する業務の場合は、移転先でも人数分のパソコンが利用できるよう、電源の数と配置に気を配らなくてはいけません。プリンターや電話など他の電子機器も必要なら、その分の電源をきちんと確保しておきましておく必要があるということを忘れないでください。

メンズ

スムーズに物件探しをしたい方は

物件探しに時間をかけたくないという方は、仲介業者に相談することでその要望を叶えることができます。大阪で物件を探したい、築年数の浅い物件を探したい、ビルをまるまる一棟借りたいなど、目的に合わせてスムーズに賃貸オフィスを探すことができるからです。

オフィスデスク

予算内で探すこともできる!

仲介業者を利用して賃貸オフィスを探す場合は、あらかじめ予算を伝えておくことで、その予算の範囲内で探してもらうことができます。上手く仲介業者を利用して、企業に合ったオフィスを選んでみてはいかがでしょうか。

オフィス移転で確認すべきことBEST5

社内
no.1

移転の時期

賃貸オフィスを探す場合、一番確認しておきたいのが引越し作業を行う時期でしょう。いつ移転したらいいのかわからない、特にどの時期に移転するか決まっていないという場合は、春先の時期を選んでみてはいかがでしょうか。移転作業を年末までに終わらせたいという企業が多く、秋~冬にかけて引越し作業を行ってしまうと上手く作業が進まないこともあるからです。

no.2

荷物の準備期間

オフィス移転をするなら、今まで使用していた道具の移動も行わなくてはいけないということで2位に選ばれました。移転直前まで使用する道具と、普段はあまり使わない道具を分けておき、使わないものは早めに移転先のオフィスに移動することで、荷物の準備もスムーズに進めることができます。

no.3

移転にかかる費用

移転を行う場合、移転先の契約金以外にもさまざまな費用がかかるため、事前に確認しておく必要がります。そのため第3位に入りました。移転先の設備を整えるならその工事費用、原状回復にかかる費用、新たに使用する道具の購入費用などあるため、何が必要なのかきちんとまとめ、予算を決めておきましょう。

no.4

オフィスの環境

人数や作業内容に合わせて賃貸オフィスを選ばなくてはいけないため、ランクインしました。しかしオフィスの広さだけで選んだ場合は価格が気になります。広くて安い物件を探す場合は、築年数が新しくないもの、都心から少し離れた場所にある物件を選ぶという方法もおすすめです。社員が通いやすい物件を選びたい場合は、駅から近い物件を優先的に探すとよいでしょう。

no.5

耐震性の高さ

今は大きな地震が起きた場合のことを考え、耐震性の高い賃貸オフィスを選ぶという方も多く、5位に選ばれています。安全性を優先して選ぶなら、まずは耐震性の高さに注目して賃貸オフィスを選ぶようにしましょう。

2つのオフィスタイプを比較

ビル全体が綺麗なオフィス

オフィス内だけでなく、ビルのエントランスや共有スペースまで綺麗で清潔感のあるオフィスは、来客が多い企業に向いているオフィスです。なぜならビルのエントランスは、企業の顔にもなるからです。オフィスに人を招く機会が多い場合は、第一印象の良さも大切にし、オフィス以外の状態にも目を向けて選ぶようにするとよいでしょう。

アクセスしやすいオフィス

新たに起業する場合や、従業員を増やしたいという目的がある場合は、どの場所からでもアクセスしやすいよう、駅から近いオフィスを選びましょう。大阪にもそのようなオフィスがたくさんあるので、ネットで目的の物件探しをしてみてはいかがでしょうか。

広告募集中